subscribe to the RSS Feed

Sunday, October 21, 2018

消費税特別措置法

Posted by imamura on 2014年1月31日

今年度の4月1日から、いよいよ消費税が現行の5%から8%に値上げされます。

そして来年(2015年)の10月1日からは、消費税10%が予定されています。

我々のような中小企業で、商品アイテム数の多い店舗は、二度にわたるPOPの入れ替え作業が大変です。

そこで国税庁は、「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための、特別措置法」により、平成25年10月1日から平成29年3月31日までの間において、「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置」を講じている場合に限り、税込価格を表示(総額表示)しなくてもよいこととされています。

ようは、表示価格が「税込価格」なのか「税抜価格」なのかがハッキリ分かれば、どちらの表示でもOKとの事です。

今のところ、大手スーパーやドラッグストアは「税抜表示」、百貨店は「税込表示」と言ってますが、当店においては「税抜表示」とさせていただきます。

先ほども言いましたが、我々のような中小企業で、商品アイテム数の多い店舗はPOPの入れ替え作業が大変なので、さっそく作業にかからせて頂いています。

そこで、申し訳ありませんが一時的に「税込価格」と「税抜価格」の表示が混在しています。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご容赦下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top