subscribe to the RSS Feed

Monday, December 11, 2017

恵命我神散s取り扱ってます

Posted by imamura on 2013年10月31日

「三共さん、恵命我神散扱ってるんだ。」

・・・なぜかこの所、連続して言われました。

ずいぶん前から取り扱っているんですが・・・。

アピール不足で申し訳ありません。

恵命我神散は生薬の「ガジュツ」が主成分の胃腸薬です。

苦いですが良く効きます!

昔から「良薬口に苦し」って言いますよね。

まさに「それ!」です。

食欲不振や胃弱の方、また二日酔いにもよく効きます。

胃のトラブルでお困りの方。

家庭薬のロングセラー胃腸薬「恵命我神散」をぜひどうぞ!

DSC_0266

3g×40包 税込2415円 / 3g×120包 税込6300円

美殿町deハロウィン!

Posted by imamura on 2013年10月26日

台風の影響で開催が心配されたハロウィンですが、子供達の思いが叶ったのか、お昼から太陽も見えてきました。

今年も無事開催された、「美殿町deハロウィン!」。

DSC_0264

年々パワーアップして行き、4時過ぎになると仮装した子供達と親御さんで、美殿町はハイジャック状態です。(笑)

「美殿町deハロウィン」参加店には、ぞくぞくと子供達が集まり「トリック オア トリート!」って例の合言葉を叫んで、お菓子をもらってます。

DSC_0258

もちろん当店にも元気よく子供達が集まって来ます、お菓子をもらうと「サンキュー!」とか「ありがとう!」って嬉しそうに次の店に走っていきます。

子供達の笑顔ってイイですよね!こっちも笑顔になります。

DSC_0253

美肌へのバンソウコウ!?

Posted by imamura on 2013年10月18日

ここ2~3日で急に寒くなってきました、体感的には夏から一気に冬って感じですね。

こんな時は、体調を崩したり、お肌のトラブルも多くなってきますので十分ご注意下さい。

さて、今日は化粧品のご紹介です。

今、ぜひとも注目してほしい美容液、アルビオンが満を持して発表した、洗顔後すぐに使う、まったく新しい発想の美容液「エクラフチュール」です。

どんな肌も見えないダメージを負っている。

毎日毎日、キズつく要因に囲まれている、だから毎日でもまずそれをメンテナスしてからお手入れを始めるべき!そういう立場に立った美容液が生まれました。

それが「細胞のバンソウコウ」とも言うべき潤い、アルビオンの「エクラフチュール」です。

肌の中に適材適所でそのキズに合ったバンソウコウを送り込む、そういったまったく新しい発想を持った美容液です。

もちろんそれは、化粧品にとってきわめて難易度の高いこと。

化粧品レベルではちょっとありえない「次元の違う成分運搬」を行わないと実現しない事です。

そこでアルビオンは「ナノキャリア」という、医薬品研究所で先端を行く企業と手を組み、薬剤を患部に届けるために開発された革命的とも言うべきデリバリーシステムを化粧品に応用し肌の中をメンテナンスするバンソウコウ的成分を、その先進システム「ナノセスタ」にのせて運ぶ事に成功しました。

使い方は簡単!洗顔後すぐに「エクラフチュール」を3プッシュ手に取りお肌に馴染ませます。

アッという間にお肌に入っていく、異次元の浸透力を感じる事が出来ると思います、それが「ナノセスタ」の”届く力”です。

その後は通常どうりのお手入れをするだけです。

「エフラクチュール」を使うようになると日一日と肌の質が変わっていく、肌と一体化していくバンソウコウで、肌の中をその日のうちにお手入れすれば、それだけで肌は端正な美人肌に導かれていきます。

未来の新習慣「エクラフチュール」!絶世美へのマストケアです。

「エフラクチュール」のサンプルもご用意してます、店頭にてお声をかけてください。(サンプルはなくなり次第終了となります。)

アッと驚く浸透力を、ご自身のお肌で是非ご体験下さい!

DSC_0249

温活!?

Posted by imamura on 2013年10月8日

今日、NHK朝の情報番組「あさイチ」で秋バテについて放送してました。

夏バテはよく聞きますが、秋バテって・・・。

秋バテは、今年の夏のように猛暑続きで外と屋内での気温の寒暖差が激しく、さらにこの時期秋の寒暖差で、もう一度夏バテのような症状が出て体調をくずす人のことを「秋バテ」と呼ぶそうです。

番組ではそれを防止するためには体を温めるのが良く、その体を温める活動を『温活』と呼び、それがどのように体に効果があるのかを紹介してました。

番組内では体を温める方法として、一般の方が行っていた、『腹巻き』を使うことや、足の体操、岩盤浴を紹介したほか、日本初の冷え性外来をつくった医学博士・渡邉賀子先生がすすめる、38~40度のぬるま湯のお風呂に入ることと、風呂上がりに暖かいタオルで首の後ろや目を温めること、さらに、1日の中で一番体温や代謝の低い朝に朝食をしっかりとること、またお白湯を飲み体の中から温める事などを紹介してました。

そこで、三共薬局がオススメする『温活』は、「若甦」のお湯割りです!

若甦は、薬用人参の中でも最高といわれている朝鮮人参の6年根が主成分で、自律神経のバランスを整え、肩こり、疲れ、食欲不振などに効果的です。

夜寝つきが悪い、あるいは手先、足先が冷えて眠れない方は、おやすみ前に「若甦ノンカフェ」のお湯割りを、また朝なかなかエンジンがかからない、一日中疲れが抜けない方は、朝に「若甦内服液G」のお湯割りがおすすめです!

秋バテでどうも体調がすぐれない方、“「若甦」のお湯割り”で『温活』してみませんか?!

第19回 美殿町秋祭

Posted by imamura on 2013年10月7日

毎年「ぎふ信長まつり」と同時開催してる美殿町秋祭、今年も5日・6日に行われました。

DSC02250

例年どうり秋祭りのテーマは「キモノマーケット」

DSC02248

今年は「安田屋ギャラリー」から「のはら湯2F」へと会場を移しての開催となりました。

ちょうど三共薬局前の道路を南へ30m程行ったところが「のはら湯」なので、目の前を自分なりにアレンジした「キモノ」を着て楽しんでる若い子達が通ってました。

例年より「キモノ」を着てる子が多かった気がするのは、会場が目の前だったからでしょうか?

今年は会場が変わったので「キモノマーケット」の開催と会場等を知らせるビラを、今ではめずらしい「ちんどん屋」に扮した人達が美殿町をねり歩き、配ってました。

DSC02243

また昨年までの会場だった「安田屋ギャラリー」は「まちでつくるビル」に変わり、入居されたクリエーターの方達が、お披露目でバンド演奏してました。

DSC02244

美殿町の店主等も巻き込んでの即効バンドだった様ですが、「あまちゃんのテーマ」など、なかなかの演奏でお客さんも立ち止まって楽しんでました♪

天気も良く多くのお客さんに美殿町に来てもらい楽しんでもらえたと思います、気温も10月にしては暑く、当店のドリンクブースも大盛況で秋祭りを終える事が出来ました。