subscribe to the RSS Feed

Tuesday, May 22, 2018

斬新なアイデアと圧倒的な映像!

Posted by imamura on 2010年7月26日

レオナルド・ディカプリオ主演、そして我らの渡辺謙が準主役の
「インセプション」を観てきました。

渡辺謙はもうすっかりハリウッド俳優です、演技力も存在感も
他のハリウッド俳優に負けてません。

ディカプリオは、相変わらず追い込まれ苦悩する表情・演技が
バツグンに上手いです!

物語は他人の夢の世界に入り込み、アイデアを盗むという高度
な技術をもつコブ(レオナルド・ディカプリオ)がある日、サイトー
(渡辺謙)に通常とは逆の、インセプション(植え付け)と呼ばれる
ほぼ不可能に近い仕事を依頼される・・・という物語。

しかし他人の夢に入り込み「インセプション」を成功させるため
夢のなかの夢、さらにその夢と、どんどん深い夢に入り込んで
行き、深い夢になるほど時間軸がずれて行く(時間が遅くなる)
等々アイデア、脚本がすばらしいです。

1層目の夢、2層目の夢、3層目の夢と入り込み、それぞれの
時間軸がずれながらもシンクロして行くさまはアッパレです。

この映画の監督は、あの「ダークナイト」のクリストファー・ノーラン
監督でなんと脚本もノーラン監督のオリジナルらしいです。

ホント、練りこまれた脚本に感服です!

脚本もすばらしいが、映像もすごいです、予告編にもある町並み
が折りたたまれるシーンや、パリのオープンカフェが爆破される
シーン、ホテルの廊下での空中格闘や空中浮遊シーンなど見事
です。

すべてCG撮影かと思ったら、CGは最小限にして、なるべく実写
で撮影しているとの事、そのため莫大なセットと工夫がされてる
らしい、ぜひメイキングを見てみたいです。

でも、夢が3層そして最後は4層まで入り込み、そこにコブの妻
とのエピソード(実はこれが重要なテーマ)が絡んでくるので、
ボヤボヤしてると物語に置いて行かれます。

そうでなくても、不可解なところが何箇所かあります??う~ん
もう一回観てみようかな・・・

ってノーラン監督にインセプションされてる・・・?!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top