subscribe to the RSS Feed

Friday, February 23, 2018

アカデミー賞 受賞「ハート・ロッカー」

Posted by imamura on 2010年3月15日

2010年度アカデミー賞を6冠受賞した映画「ハート・ロッカー」を
観てきました、が・・・!
 
前日上映時間を調べようと、よく行くシネコンのホームページを
見たのですが、やってない・・・

他の近くのシネコンもやってない・・・アカデミー賞受賞作品なのに。

結局、岐阜県で上映されてるのは一館だけでした(TOHOシネマズ
モレラ岐阜)、興行的には難しいのでしょうか?

まあ自宅から、それほど遠くもないので観に行ってきましたが、
なんか少し寂しい・・・

「ハート・ロッカー」は、イラクに駐留するアメリカ軍のなかでも特に
危険を伴う爆発物処理班の兵士たちを描いた作品です。

この骨太な男の世界を撮ったのは、なんと女性監督のキャスリン
・ビグロー監督です。

キャスリン・ビグロー監督の作品は、以前女性の監督とは知らずに
観た「K-19」があります。

原子力潜水艦の船内での核事故をテーマにした、これまた重い
男の世界を描いた映画で、とても女性の監督が撮った映画とは
思えませんでした。

潜水艦という閉鎖的な空間の中での、核事故という緊迫感溢れる
重いテーマに、さまざまな人間関係が絡んだ秀作で、観たあとは
どっと疲れましたが、いい映画を観た~という充実感がありました。

今回の「ハート・ロッカー」も爆発物処理班という非常に危険な現場
での緊迫感を、絶妙なカメラワークと効果音・息音・足音などを使い
観ているこちらにも緊張感がつたわって来るのですが・・・

なぜか、映画の世界にはドップリ入り込めませんでした・・・

良くできた映画だとは思うのですが、一般受けでは無いのかも知れ
ません。 (ドキュメント性が強すぎた?)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top