subscribe to the RSS Feed

Sunday, August 19, 2018

斉藤 一人 さん

Posted by imamura on 2009年5月2日

斉藤一人さん てご存知ですか?

 

納税金額12年間連続ベスト10と言えば、あー聞いたことある

と思われる方もあると思います。

 

三共薬局でも取扱いがある、スリムドカンなど健康食品のまるかん

の創設者で、ほかにもいろんな著書を出版されている方です。

 

考え方が超前向きで、とてもおもしろい発想をされる方です。

 

その斉藤一人さんが書いた小冊子を少しだけ手に入れましたので

さわりだけ書いてみます・・・

 

 

★ この小冊子のテーマは「病気にならない考え方」ですが、この話をする前に少しだけ

人間のからだっておもしろいな、という話をします。

 

私はちっちゃいときから、ホントにからだの具合が悪かったんです。それで、重量挙げ

の、あのオモリを担いでいるぐらいからだが重くて、立つのもやっとでした。だから私は

しょっちゅう寝ていました。・・・・・<中略>

 

元々私は本を読むのが好きだったから、どんどん本を読んで健康になる方法を探して

いました。そうしたら、ある日、ふとこう思ったのです。

 

「人間は、本当はすごいシンプルなんだ。これは簡単に治るぞ」

なにがシンプルかというと、人間は二つのものでできている。そんなふうに、私はかって

に考えたのです。

 

じゃあ、何と何でできているのかというと、ひとつは肉体です。

この肉体は食事からとる栄養素から作られています。栄養素が血液とか、からだの

細胞の原料になっているということです。

 

ところが、栄養のバランスが悪いと間違った血液ができて、間違った細胞ができちゃう。

そこで私は、「じゃあ、自分は食事が間違っていたんだ。栄養のバランスをとって、いい

血液をつくり、いい細胞をつくればいいんだ」と思い、血をキレイにする食べものをとり

ました。お酢を飲んだり、自分で材料を買ってきて青汁を作って飲んだりしたわけです。

 

・・・もうひとつは何ですかといったら、魂。要するに、精神ですね。・・・<中略>

健康な精神ってなんですかというと、「自分はしあわせだなぁ~」って思えばいいんです。

 

だって、「しあわせだ」と思っているときは、気分いいでしょ?

それで、私は「自分はからだの具合がよくないけど、命をもらっただけでありがたい」とか

「毎日、ご飯を食べられて、あたたかい布団で寝ていられてしあわせだ」とか考えたの。

 

しあわせなことしか考えなくなって、食事をかえたら、具合が悪かったのがよくなっちゃっ

たんです。

信じられない人は信じなくて結構です。でも、私にとってそれが事実なのです。 ★

 

 

 

どうですか?ほんのさわりのつもりが、長くなっちゃいましたが、おもしろいお話と

思いませんか、・・・ほんの少ししか冊子がありませんが、お店にありますので

よかったらお声をかけてください。