subscribe to the RSS Feed

Wednesday, June 20, 2018

そして父になる

Posted by imamura on 2013年9月30日

 
161667_1
★★★★★ [100点]「考えたくも無い様な現実」

一緒に過ごした時間か、それとも血縁か・・・。

6年間育ててきた自分の息子が病院内で他人の子と取り違えていた事が判明!

そんな考えたくも無い現実に、どう立ち向って行くか、「時」か「血」か、それぞれの家族が苦悩し葛藤して行く映画です。

仕事優先でエリート街道まっしぐらな良多(福山雅治)と、町の小さな電気屋で子供達と楽しく暮らしている雄大(リリーフランキー)という、生活環境も考え方も違った環境で育った子供たち・・・。

物語は淡々と進みますが、それぞれの登場人物のセリフに重みがあり、考えさせられます。

自分ならどうするのか?考えても簡単に答えが出るわけもないのですが、物語は前に進んでいきます。

それぞれの親と子供の感情が画面から伝わってきて、もう切なくなってきます。

そしてラストシーン!もう涙腺崩壊です、是枝監督のあのカット割り、演出、セリフは反則です、
エンディングが流れているぐらいの時間じゃあ、感情が落ち着きません。

お子さんを持つお父さん、そしてお母さんに是非観てほしい映画です。
 
Posted by sankyou on 2013/09/30 with ぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top