subscribe to the RSS Feed

Sunday, August 19, 2018

感動!「孤高のメス」

Posted by imamura on 2010年6月14日

このところ日本映画が元気です。

ハリウッドでは観客動員が減少してる中、邦画は動員数が
増えているそうです。

・・・先週の「告白」に続き、堤真一主演の「孤高のメス」を
観てきました。

いやー素晴らしい映画でした、「告白」は一歩引いた感覚で
観ていたのですが、「孤高のメス」は引き込まれました。

”ただそこにある命を救うため”・・一人の医師の信念が病院
を、人々を動かしてゆく・・・という感動作です。

・・・ある地方の市民病院、簡単な外科手術ひとつまともに
行なわれないその腐敗した病院に、優秀な外科医、当麻
(堤真一)が就任する・・・から物語は始まるのですが・・・

就任してすぐの、当麻の緊急オペシーンから映画にグイグイ
引き込まれていきます。

リアルな手術シーン、迫力ある演技、重みのあるセリフ、演出
などに感動し、2時間があっという間です。

しかし、堤真一いいですねー手術シーンは相当練習したらしく、
堂に入ってます。

女優陣も夏川結衣、余貴美子と実力派で、安心して観ていら
れます。

久しぶりに心温まる感動作に出会えました、オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top