subscribe to the RSS Feed

Tuesday, January 23, 2018

衝撃作?!「告白」

Posted by imamura on 2010年6月7日

昨日ヨメサンのススメで、松たか子主演の衝撃作、「告白」
を観て来ました。

「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたの
です。」

松たか子が扮する森口のセリフから物語が始まるのですが・・・

私は最初、学校内のいじめを題材にして、命の尊さ大切さを
森口(松たか子)が重く説いてゆくのだと思ってましたが・・・

少し、いやだいぶ違ってました。

命の尊さ大切さを説いてゆくには違いないのですが、やり方が
恐ろしく過激で残酷です。

森口(松たか子)の復讐を中心に物語がすすみ、かかわった
人物達が自分の気持ちの内面を「告白」する事で物語の全貌
がみえてきます。

でも、重いテーマにもかかわらず、全体的にあまりにも非現実的
に話が進み、また独特な映像のカット割りや場面不相応にポップ
な音楽が流れるなどで映画として、エンターテイメントとして観る
事が出来、あまり重くならずそれなりに楽しめましたが・・・

う~ん、でもやっぱり題材が題材なだけに、どうなんでしょう?

観る人によって意見がわかれそうな映画だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

home | top